未知との遭遇か

いつも怪しげなものに興味津々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

健康は呼吸を意識することからはじまる





できるだけ長く吐いて、吐き切ったら自然の流れで吸うのを繰り返すだけ。



人は母体からこの世に生まれ­出るときに産声をあげながら息を吐きます。

そして、死ぬときには、息を吸い込んでこの世から去って逝くそうです。

瞑想、健康、能力開発、願望実現、古典武術などに

幅広く使われている丹田呼吸法を紹介したいと思います。

コツとしては、まず、息を吐くことから始め、吐く息を長くする感じです。

息を吐き出せば、自然に息を吸おうとするからです。

鼻腔には、フィルター機能が備わっています。

鼻で呼吸することをお勧めします。

吐く時間を適度に延ばしてください。

腹式呼吸を続けるとセロトニンの分泌が増加し、セロトニン神経が活発になるそうです。

交感神経・副交感神経の働きをコントロールし自律神経のバランスを整え、免疫力が高ま­ります。

横隔膜を上下させるので、胃や腸の働きが活発になり消化吸収・排泄が良くなります。

セロトニンの分泌が増加することにより、

覚醒状態で平常心が得られるので、記憶­力や集中力に繋がります。

上に貼り付けた動画を使う場合は、音と光に合わせて、呼吸します。

① 最初に、おなかをゆっくりとへこましながら鼻から細く長く息を吐いてください。

緑から青に変化する音に合わせて、鼻から息を吐きます。

② 次に、青から緑に変化する音に合わせて、鼻から息を吸います。

この時、新鮮な空気を取り入れてるイメージで、ゆっくりとおなかをふくらします。

③ これらを交互に繰り返します。


とにかく、鼻を使って、お腹もへこましながら、吐く息を長くしていければ良いです。

また、息を吐き切って、呼吸を止めるという方法もありますし、

お腹を膨らましながら、息を吐くというのもありますし、

吐く時に、口から吐くというのもあります。

お好きな方法を見つけられると良いです。

基本は、吐く時も吸う時も鼻を使って呼吸をする。吐く息を長くする。

できれば、空気のきれいな場所で、丹田を意識すると良いでしょう。

(丹田とは、へその下から5~10cm程度の数センチ奥に入ったところにある概念上の部位。)

慣れれば意識しなくても出来るようなりますし、お金もかからない健康法です。

健康の基本は、呼吸と水です。


  1. 2013/02/03(日) 19:51:31|
  2. 健康になるかも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水を飲むのが健康の基本 | ホーム | 知性を持って純真無垢が願いを叶える秘訣>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miffiokun.blog.fc2.com/tb.php/6-2546bd26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。