未知との遭遇か

いつも怪しげなものに興味津々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水を飲むのが健康の基本




人は生まれる前から羊水の中で成長します。そして、

胎児では体重の約90%、乳児では約75%、子どもでは約70%、

成人では約60~65%、老人では50~55%を水が占めているといわれています。

つまり、人は水の中から生まれ、その体の大部分は水でつくられています。

水を飲むということは呼吸と同様に健康を維持するのには最も重要です。

サプリメントなどで、お金を払っても健康でありたいのなら、

先に水を飲むようにしたほうが賢明だと思います。

お茶、ジュース、食物などから取る水分ではなしに、

ただ、水飲むことを生活の中に取り入れるということです。

人の体が1日に排出する水分量は約2リットルにもなると言われています。

しかし、水を飲み過ぎると内蔵への負担がかかりますし、

水毒症状が出る危険性もありますので、水の飲み過ぎも注意が必要です。

自分自身の適量を探って水を飲むようにしてください。

飲むタイミングで一番良いのは、朝起きて水を飲むことです。

一度に飲む量の最大は0.5リットル程度までに抑えてください。

言うまでもなく、飲む時は、ゆっくりと飲むほうが無難です。

水自体は冷やすよりも温めのほうが体を冷やさないのでお勧めします。

水を飲むことは大切ですが、水で体を冷やすことは、

胃腸の働きが低下し、胃腸での水分吸収が悪くなって、血液への水分量が減り、

胃や腸にも水分がたまってしまい、下痢にもなりかねません。

体を冷やすということは、臓器や組織の細胞が冷えることになり、

必要な水分を十分に取り込めず、水分は細胞と細胞の間に滞ります。これがむくみの原因になります。

つまり、不必要なところに溜まっている水分が増えると、細胞への水不足になります。

これを「水毒」といいます。水不足になった細胞は乾燥し老化に繋がります。

冷たい水のガブ飲みは禁物です。注意してください。

ただ、現代の飽食な食生活から言うと、あまりにも「水」を飲んでいないこともありますので、

それも、水不足の細胞ということで乾燥し老化に繋がります。

「飽食で無い時代」の飲み物の主流は水だったはずです。

人類の歴史は、「飽食で無い時代」の方が遥かに長いのです。

お茶でもジュースでもないのです。人間は水を受け入れる構造になっています。

水に塩分を入れたほうが良いというのも、その時々で結構だと思います。

塩分過多の食生活で本当にそれが必要か、飲む時に考えてみてください。

何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」ということです。

朝起きがけに飲む水は、必ず、朝食30分前に飲んでください。

それは、エンザイム(酵素)との関係から、

食事と水を同時に摂取しないほうが酵素の働きが良くなり栄養が吸収されやすくなるからです。



ここで注意することは、

①水は食事の30分前に取ること。

②食後2時間は水を飲まないこと。

③一度に大量の水を飲まないこと。

④冷たい水よりも温めの水を飲むこと。

⑤夕食後、寝る前に水分を取らないように心がけること。


ジュース、コーヒー、お茶類などの水分摂取を避けて、純粋に水だけを飲むようにしていくことです。

逆説で言えば、午前中、空腹状態で朝食を生の果物や生野菜だけの食事にすれば、

水を飲まないようになり、
 
むしろ、そのほうが生きた栄養が取れて良いです。

ただ、デザートで果物を食べると腐敗しやすく、栄養も摂れず逆効果です。

また、煮野菜スープやスムージーを飲むことも、水を飲むことの代用になります。


食事には水分摂取は付きものですが、飲むと胃液が薄まり、栄養摂取の妨げになっています。

喉に食物がつまったら水分を摂りすぎずに喉を潤す程度に抑えれば良いと思います。

水分摂取よりも、自然のままの飲料水を飲むことが健康維持に最も良い方法です。

それは、脳、消化、呼吸、血液の流れなどの全身の働きを助けています。

程良く水を摂取することで、脳機能や性機能の働きも最適化されていきます。

人が生きていく上で最も重要なことは空気(呼吸)と水の取り込み方と言えます。

空気と水、生命維持の基本です。

  1. 2013/02/07(木) 00:24:46|
  2. 健康になるかも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<栄養吸収にはエンザイムが必要 | ホーム | 健康は呼吸を意識することからはじまる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miffiokun.blog.fc2.com/tb.php/7-308aaa3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。